選択肢からマチガイを見つけだせ!!クイズRPG『マチガイブレイカー』レビュー

モノビットから新作クイズRPG『マチガイブレイカー』が配信されました。

クイズゲームは一通り触るようにしているので軽くプレイしてみることに。

f:id:White_Fool:20180913003854p:plain

”間違い”を当てるクイズゲーム

この作品はクイズゲームだが、他の作品のように4択の中から正解を当てるのではなく、選択肢の中から間違いを当てるシステムになっている。

f:id:White_Fool:20180913004140p:plain

f:id:White_Fool:20180913004316p:plain

間違いを全て見つけられる事ができれば相手に与えられるダメージが増え、キャラクターのスキルが発動する回数も増え戦闘を有利に進められる。

f:id:White_Fool:20180913005413p:plain

選択肢が残り2つでどっちが間違いか分からない!!という場合は真ん中のボタンを押すことで問題をスキップすることができる。

与えるダメージや発動するスキルの数は少なくなってしまうが、正解の選択肢を選んでしまうと間違いを1つ当てていた場合でもスキルが発動しなくなってしまうので、時には安泰な道を選ぶことも大事だろう。

f:id:White_Fool:20180913010021p:plain

ガチャ引き直しシステム

ガチャの方にも少し変わったシステムがあり、10連を引いたとき限定で、1体だけガチャの引き直しを行う事ができる。

f:id:White_Fool:20180913010432p:plain

f:id:White_Fool:20180913010451p:plain

スクショでは星2から星2という残念な結果になってしまったが、運が良ければ最低レアの星2が最高レアの星4に変わることも夢ではないだろう。

まさにマチガイ(爆死)をブレイクできるかもしれない......

 

 

クイズゲームとしての出来もよく簡単すぎず難しすぎず、丁度いい塩梅。

マルチプレイも最初から実装されているので友達とあーだこーだ言いながらクイズを楽しみたい方にオススメしたいアプリです。

新感覚音ゲー『TAPSONIC TOP -タップソニックトップ-』レビュー

DJMAXシリーズなどを手掛けるNEOWIZからの新作アプリ

NEOWIZから新作音ゲーアプリ「TAPSONIC TOP -タップソニックトップ-」が配信されたので早速プレイしてみました!

tapsonic-top.jp

f:id:White_Fool:20180912214013p:plain

基本システム自体は流れてくるノーツをタップ・同時押し・長押し・フリックと従来の音ゲーと変わらないシンプルなもの。ノーツの判定の間画面をフリックし続ける同時押しとフリックの混合型のようなノーツが少し珍しいぐらいでしょうか。

f:id:White_Fool:20180912215511p:plain

楽曲は初期楽曲が数個あり、そこから楽曲のクリア、メインシナリオの進行、ゲーム内通貨での購入等の手段で解放されていきます。

DJMAXシリーズの曲も多く収録されているらしく、プレイする人によっては懐かしく思えるかもしれません。

f:id:White_Fool:20180912220550p:plain

f:id:White_Fool:20180912220251p:plain

ソシャゲらしくガチャ要素もあります、キャラごとにスキルが設定されていてプレイ中に有利になる効果が発生します。

初期メンバーでプレイしていたのですがスコアは最低ランク、数回のミスでプレイ中止になるのでしっかりやろうとするなら最高レアキャラは必須になりそうです。ガチャの確立も中々に渋いのでこの辺は大変かも......

 

f:id:White_Fool:20180912221727p:plain

f:id:White_Fool:20180912221744p:plain

プレイ中にレーン数が変化する新感覚音ゲー

 今作の売りであろう要素、プレイ中に画像のような特殊な緑orピンクのノーツをフリックするとレーン数が突然増減します。

f:id:White_Fool:20180912222206p:plain

変わるのはレーン数だけでなく、奥に表示されていたノーツも全て新しいものに変わってしまいます。

急にノーツが変化するので即座に譜面に対応しなければいけない反射神経が求められ、高難易度になってくると混乱してしまいミスを連発してしまいました......

音ゲーとしてはあまり見ないようなシステムでプレイしていて面白いです。

見やすいUI、スタイリッシュな演出

プレイしていて個人的に良かった点としてグラフィック面の要素が挙げられます。

UIの見やすさと分かりやすさ、タップした時のレスポンスの良さなどプレイしていてストレスにならない配慮を感じます。

f:id:White_Fool:20180912223724p:plain

f:id:White_Fool:20180912223749p:plain

f:id:White_Fool:20180912223822p:plain

シーン遷移の演出もペルソナシリーズを彷彿とさせるスタイリッシュさでスクショがはかどります。

 

スマホ音ゲーでプレイしたい方、DJMAXシリーズをプレイしていた方にお勧めです。一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

普通為替証書、現金受け取りまでのメモ

とあるキャッシュバックキャンペーンにより普通為替証書が届いたので、お金を受け取るまでの流れと注意点をメモします。

 

1、真ん中の欄に郵便番号、住所、氏名を記入

ここで気をつけていただきたいのが左上の欄に記入を行なってはいけません、こちらに記入を行ってしまうと換金が不可能になってしまうそうです。

 

記入するのは紙の真ん中の欄で、こちらに氏名等を記入した後、押印します。

 

 

 

2、ゆうちょ銀行か郵便局へ

記入し終わったら近くのゆうちょ銀行か郵便局へ向かい、証書を受付に渡し換金のお願いをします。

この際に運転免許証、保険証等の身分証明書が必ず必要になります。

特に細かい手続きなどは必要なく、受付の確認が終わった後、現金と封筒が手渡されます。

 

また、証書には有効期限がありますので換金を忘れて放置していた、という場合には有効期限の日付確認を行いましょう。

 

「多動力」読了、個人的メモ

堀江貴文著、「多動力」を読み終えての個人的なまとめ、備忘録。

 

1章 一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

車輪の再開発はするな、既存の情報を使って新しい物を生み出せ。

自分の肩書きを増やせ、肩書きを増やさなければ自分の価値は上がらない。

 

2章 バカ真面目な洗脳を解け

自分だけの仕事を見極めろ、他人ができる仕事は他人に任せろ。

1つの事へ完璧主義になりすぎるな、手を抜けるところは抜いて早く次の作業に移れ。

何かを始めるにあたって準備は必要ない、まずは手をつけて、そこからダメな所を修正していけ。

 

3章 猿のようにハマり、鳩のように飽きよ

1つの物事にアホのようにハマれ、そこで培った好奇心と集中力は他の場所でも生かされる。

上でハマった事である程度知識がついて飽きてきたら次の興味があるジャンルへ移れ、自分の中で100点の物を数個作るより、80点の物を多く作る事が大事。

1日をワクワクする事で埋めろ、ワクワクしないやりたくない事を明確にしろ、

他人に自分の時間を奪われるな、同じように他人の時間を自分が奪わないように

今この瞬間、他人の時間を生きているのか自分の時間を生きているのかを意識する。

自分の時間を生きるために、付き合わない人間を明確にする。

仕事を選ぶ勇気を持て、嫌な仕事、やりたくない仕事を決めろ。

 

5章 自分の分身に働かせる裏技

限られた時間は、自分にしかできない物を作れ(原液を生み出す人間になれ)

1つの事に興味が湧いたら、根幹から理解を深め本質を理解する。理解するだけでなく、仕事に対し具体的に落とし込む方法を考える。

知らない事はなんでも人に聞くorネットで調べる。

そのために質問力を高める、明確に簡潔に聞きたいことだけを聞く能力をつける。

 

6章 世界最速仕事術

仕事を効率よく終わらせるコツは速さではなくリズム、仕事の効率を上げるための工夫を考える。

隙間時間に効率よく仕事をする癖をつける。

8時間睡眠を心がける、多くの仕事をこなすために睡眠時間を削るのは本末転倒。

ストレスを溜めない生活を送る、やりたい事をやって、やりたくない事はやらない。周りの目は気にせず生きたいように生きる。

 

7章 最強メンタルの育て方

恥をかくことを恐れるな、恥をかけばかくだけ自由になれる。

感情に邪魔されず、まずは一歩踏み出す、それで恥をかいても気にしない。

 

8章 人生に目的なんていらない

常に新しい事に目を向けて、発見と興味で人生を埋めよう、新しい事に興味を失ったら老人になる、永遠の3歳児たれ。

いまある資格、資産を生かそうとしない、何をやりたいかを考え、そこから必要なカードを揃える。

安定を求めるな、時間は有限、未知の体験を楽しめ。

日々新しい自分に生まれ変わるためにとにかく動け、それが多動力。

 

 

こんな風にメモしているだけでは意味がない、何事も行動に移して初めて意味をなす。

失敗を恐れずに転びまくれ、子供のような毎日を送るために、考える時間を捨てて行動しろ。

 

Just do it.

 

 

 

 

異世界転生SRPG『スカイフォート・プリンセス』レビュー

2018年9月6日にYOOGAMEより『スカイフォート・プリンセス』がリリースされました、前々からTwitterで見かけて気になっていたのでプレイしてみました。

公式サイト:SFPプロジェクト

f:id:White_Fool:20180907002153p:plain

冴えない精神科医に課せられた使命は世界の救済

f:id:White_Fool:20180907002213p:plain

キービジュアルやロゴから、最近よくある純正ファンタジーシリアス系なのかと思っていたのですがプレイしてみると全く別物でした。

精神科医である主人公レンジは、連続で担当医が消失しているいわくつきの少女エリカの担当になり、出会った際にエリカの夢の中の世界、『スカイフォート』に取り込まれてしまう。ここから抜け出すには悪夢の塊である『アビス』の最深部に辿り着かなければいけない......という形でストーリーが始まり、話だけ聞くとシリアス風です。

 

メインストーリーは基本的にショートアニメーションで進み、

ゆるめの画風に、ギャグアニメのようなノリ、主人公の杉田智和さんを始めとする声優陣の演技で、面白おかしくハイテンポにストーリーが進んでいきます。

最近は重厚なストーリーを売りにしてるソシャゲも増えてきたのでこういったギャグに特化したストーリーは珍しく感じます。

スクリーンショットを取り忘れてしまったので見直そうと思ったのですが現状そのような機能は見当たりませんでした......)

オートで進行するバトルシステム

肝心のバトル部分ですがプレイヤーは

・歩兵

・弓兵

・銃兵

・騎兵

の4つの部隊を率いて、自分と相手の各部隊が同時に攻撃を始め、終わったら次の部隊へ、と繰り返していき先に相手の小隊を全滅させた方が勝利、というシステムです。

バトル中にプレイヤーが干渉できる要素は無く、戦闘を見守る形になります。

f:id:White_Fool:20180907004543p:plain

f:id:White_Fool:20180907005552p:plain

f:id:White_Fool:20180907005610p:plain

ちなみに右上のスキップボタンを押すと一瞬でバトルが終了しリザルト画面に移ります、戦闘の過程はいいから結果だけ教えて!!という時に非常に便利です。これのおかげでストーリーはかなりサクサク進められます。

f:id:White_Fool:20180907005849p:plain

世界の英雄の力を借りて

このゲームにももれなくガチャがあり、各部隊に3体ずつ配置できる特殊なキャラクターを入手できます、キャラクターにはそれぞれスキルが存在し、戦闘開始時や戦闘中に発動することで戦いを有利に進める要素になります。

こちらのキャラクターにも勿論ボイスがついており、有名な声優さんも多く起用されているので確認してみてはいかがでしょうか。

f:id:White_Fool:20180907010724p:plain

f:id:White_Fool:20180907010627p:plain

資材を集めて王国を育てよう

バトル以外にも大きな要素としてシュミレーション要素があり戦闘などで手に入る資源を使用して王国にある施設を強化していく事ができます。

施設を強化していく事で時間経過で入手できる資源の量が増えたり、戦闘時に出撃させる兵士たちの強化を行うことができます。

f:id:White_Fool:20180907010927p:plain

まとめ

基本的にやる事は施設を強化、育ったら戦闘へという流れを繰り返していくだけなのでゲームの腕に自信が無い方でもお手軽にプレイできるかと思います。

また、今回は紹介はしませんでしたがギルドや協力バトル、対戦などの他プレイヤーとの交流要素が多く用意されており、チャットなんかでの交流も行えるので、こういった要素が好きな方にもオススメです。

堀江貴文著『属さない勇気』を読んだら自分に当てはまる話が多すぎた

最近サラリーマンとしての自分の存在に疑問を抱いており、自己啓発関連のサイトや本を読み漁っている生活が続います。

今回は堀江貴文さんの『属さない勇気』を読み終えたので、タメになった個所をまとめていきたいと思います。

人生の4大コスト

最初に人生を縛る4つのコストをカットしろ!!というお話から入り、

・家族

・家

・自動車

・結婚

の4つを削減すれば人生の鎖が少なくなり好きなことに挑戦しやすくなるという内容。

これは単純に金がかかるから止めろ!という話ではなく世間の常識に縛られるな、という解説が本書の中盤で行われます。

 

結婚して子供を作ることがなによりの幸せという子供の頃の教えのままでいる。

みんなが家や車を買っているから......という気持ちで行動。

 

のような世間の常識だと思い込まされている事を信じ込んで思考停止していないかというお話でした。

私もいくつか自己啓発系のブログを読み漁っていますがみなさん口を揃えて「常識を疑う事から始めろ」とおっしゃられていますね。

 

属さないための6つのポイント

以降は堀江さんの「生き方改革」の考えが6つのエピソードに分けられており、

 

1 表面だけの行動で理解せずに、本を読んで思想を理解する

2 真面目になりすぎない、義務教育を疑う

3 世間の常識に縛られない、自分の価値観を持つ

4 権力者から褒められたいという感情を持たない

5 ビジネスに感情は持ち込まない、過去の事は忘れよう

6 プライドを捨ててバカになれ、世間の目は気にするな

 

と各項目が分かりやすくまとめられています。

この中で私の身に非常に当てはまるものがあったのでいくつかピックアップさせていただきます。

 

権力者に思考を『グリップ』されるな!!

上司などの権力者が部下の思考を縛ることを『グリップ』とよばれており、1度グリップされた人間は「逆らえない」と勝手に思い込んでしまう...... というお話、今だけに限らず学生時代からグリップされ続けてる人生だなぁと胸が痛くなりました。

本書の教訓を元にこれから先は他人の支配に縛られない生き方を意識していきたいです。

会社を辞めたいなら世間の目を捨てろ!!

周りの視線を気にするな、大半の人間は自分のことなど気にしていない、自意識過剰になるな。

という言葉があり、同期や上司の事を気にして辞められずいる自分の背中を一押ししてくれたような気持ちです。

まとめ

上に書いたこと以外にも多くの自由に生きるためのアドバイスがたくさん書かれております。

内容も漫画で文章だけでは飽きてしまうという人にもオススメできると思います。

会社勤めに疲れている自分と同じような境遇の方、一緒に生き方について見直してみませんか?

音フェチ/ASMRのジャンル紹介その1【耳かき】

はじめに

イヤホンをつけながらゾクゾク感を楽しんだり、リラクゼーションや安眠目的にも使用される音フェチ、一度は名前を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

海外ではASMRと呼ばれ、最近では日本の方の動画でもよく聞く単語です。

 

個人的に好きで昔から動画をよく見ていたので、もっと有名になってほしい!という思いを胸に数ある音フェチの紹介をしていきたいと思います。

 

ちなみにASMRは、

Autonomous Sensory Meridian Response

の略であり、簡単に説明すると視覚や聴覚からの刺激によって身体がゾクゾクする現象の事らしい。

音フェチ界の王道

そんなわけで第1回の解説は耳かきになります、音フェチといえば!という思いで一番最初でチョイスしました。

音フェチの中ではかなりメジャーで動画数も多く、派生形の動画も数多く存在します。

投稿者さんが役になりきって動画が進んでいくロールプレイ系なんかはほとんどこれだと思います。

(『Ear Cleaning』とかで検索すると海外の方の動画が出てきます)

いくつか参考動画を貼らせていただきます。


[音フェチ]3Dio竹耳かき - Bamboo Ear Cleaning(3Dio)[ASMR]


*ASMR*耳かきサロンロールプレイ【カリカリ・綿棒・マッサージ】/Ear Cleaning Salon*地声・囁き声*

 

ガリガリ音や梵天(後ろについてるふわふわのアレ)が心地いいぞわぞわ感を感じさせてくれます。耳かき自体が身近に存在するものなので実際の気持ちよさと音フェチとしての気持ちよさをリンクさせやすいのが人気の理由なのでしょうかね。

 

両側からのから耳かき動画とかがありまして、普段ではまずありえないような音の体験もできるのが音フェチ動画の良いところだと思います。投稿者さん達の創意工夫を凝らした動画には本当に頭が上がりません。

 

あと、耳かき動画はマイク or マイクの周辺に直接耳かきを当てて音を撮る関係上、録音環境によって聞こえ方や感じ方が結構変わってくるのも特徴でしょうか。色んな人の動画をはしごして自分の好きな音を見つけるもいいかもしれません。

 

こんな感じで数ある音フェチのジャンルを今後も紹介して行く予定、疎い文章ですがよろしくお願いします。